RYT200は必須なのか

RYT200は必須なのか ヨガインストラクターの求人需要は今とても高まっている状況です。健康と美容志向の高い女性を中心として、デトックスとインナーマッスルを鍛える事が出来るエクササイズでもありますし、そのレッスンを受けられるスタジオの数も増加傾向が見られます。自分の資格や特技を生かした仕事をしたいと考えている運動が得意な方にとっては、ヨガインストラクターというのも職業選択肢の一つです。
ちなみに様々な資格が有りますし、スタジオによってはライセンスが必要となる事も有ります。ヨガに関しては国際資格でもあるRYT200は知名度も高く、これを持っていると採用率にも影響してきます。もちろん資格が無くても採用されるというところも有りますが、RYT200を持っている事で圧倒的に採用率が上がる事は間違いありません。RYT200はアライアンスの世界70か国で認定されている資格です。日本だけではなく世界各国で通用するものですし、持っておいて損はないです。

RYT200はオーディションを受けるために必須

RYT200はオーディションを受けるために必須 RYT200はヨガスタジオのオーディションに参加するため、あるいは書類選考で落ちないために必要な資格です。
RYT200は言わばヨガインストラクターである証拠で、全米ヨガアライアンス認定である事から海外でも十分に通用します。その取得方法は全米ヨガアライアンス認定校というヨガの養成講座もとい学校のカリキュラムを受け、卒業している事です。もっともインストラクターのなかにはRYT200を取得していない人もいるため、別に義務付けられているわけではありません。
ただしヨガスタジオの求人に応募したい場合は話が変わります。
先述したようにRYT200という資格は精通している証拠であるため、技術や知識を最低限信頼できるといっても過言ではないです。逆に資格がない人間は実績やキャリアが十分であっても、書類選考で落とされる可能性があります。つまるところヨガで大人数が参加するオーディションに関わる場合、取得していれば損がないというわけです。

新着情報

◎2019/9/26

RYT200は必須なのか
の情報を更新しました。

◎2019/8/19

RYT200を学べる場所
の情報を更新しました。

◎2019/5/31

サイト公開しました

「ヨガ オーディション」
に関連するツイート
Twitter